menu
・・・・・
酒蔵プロデュース
酒類営業サポート
香味分析調査

お酒の講座/その他
開講状況
講座について

酒蔵見学コーディネート
酒蔵見学/酒造体験ツアー
日本酒会/ワイン会

代表略歴/スタッフ
最新情報
コラム
著書/雑誌ほか

お問い合わせ
HOME

 【飲食店部門】
飲食店経営研究所
  
もてなしびと2016年9月
  
 私は現在、愛知大学オープンカレッジや中日文化センターなど東海三県(愛知・岐阜・三重)12カ所で日本酒・焼酎関連の講座を14講座ほど行っております。早いもので気がつけば約16年もの間、日本酒や焼酎の講師をやっていることになります。中でも愛知大学オープンカレッジが一番長く、15年間も務めており、私の講座の何が楽しいのかわかりませんが、開講当初から参加されている方が大勢いらっしゃいます。本当に有難いことだと感謝いたしております。年齢層は30代から70代までと幅広く、私がイケメンすぎるせいか、近年は特に女性の参加者がとても多くなっています。ただし、60歳以上のマダムが多いですが……。
☆ ☆ ☆
 14講座もありますと、行っている日本酒講座の内容は様々ではありますが、中でも特徴的なのは「日本酒と伝統文化」についての講座です。私が長唄の名取であることから、歌舞伎を中心に文楽や落語などに出てくる酒豪の話を映像を交えながら解説したり、時代劇に出てくる酒のシーンを実際の歴史と比較や、江戸時代の食文化と酒の再現などを行っています。日本酒を通して様々な日本の文化を知ることにより、日本酒がさらに美味しくなり、そして日本の良さを再認識していただけたらいいなと思っています。また、今新しく取り組んでいるものは、「日本酒と温泉文化」というものです。温泉は世界中にありますが、「温泉文化」と呼べるものは日本にしかありません。温泉は日本各地にあり、温泉旅館の食事にはその地方の食文化が反映されており、そして何よりその地方の美味しい日本酒が楽しめます。温泉地を通じて郷土料理と地酒の紹介や、骨酒など地方独特の呑み方などを実際に試してみたりしています。また、年に3回ほど、日帰りや一泊で酒蔵見学や酒造り体験と温泉のツアーをセットにした企画も行っています。昨今、外国人観光客も温泉地を多く訪れますから、日本酒を広める良い機会と思い、国際唎酒師の資格も取得しました。今後積極的に役に立てていきたいと思っております。
☆ ☆ ☆
 私の日本酒・焼酎講座の中には、基礎講座、唎酒講座、相性研究講座など、一見ちょっと堅苦しそうに見えるものもありますが、実はどれも楽しくお酒が呑めるような講座ばかりです。基礎講座は私の洗練されたトークで笑いが絶えませんし、唎酒講座や相性研究講座はグループごとにワイワイガヤガヤとゲーム感覚で楽しめる講座になっています。私の講座は常に、「お酒がもっと好きになる!」を前提としていて、講座には必ずおつまみを用意し(受講生の持ち込みもOK)、「講義中のおしゃべりは自由にして下さい」と言ってあります。酒は黙って飲むより、おつまみを食べながら仲間と楽しく味わったほうが美味しいし、また酒の感想を言い合ったほうが香味の表現力にもなるからです。そして、会話をすることで、知らない人達同士が仲良くなり、コミュニティが出来、新しい酒仲間が増えていきます。酒とは本来そういう役割を果たすべき媒介であり、酒の香味の細かい点をあげつらったり、しかめっ面をして分析するのは、我々のような職業人だけでいいのではないでしょうか。ですから、講座では酒に関する一通りの説明を一応はしますが、マニアックな人を育てるような講座はしないように気をつけています。現在、若干の日本酒ブームと言われていますが、醸造についてのマニアックな部分が多く、それを一般に広めてしまうことにより、ついて行けない人が多く存在するようになり、日本酒離れに繋がってしまうことが私にとって一番怖いのです。メーカーは自社の酒を売り出すためにそれぞれの技術を駆使するのは当然のことですが、一般消費者がその技術を「酒を選択するための道具」にして欲しくないのです。細かい情報に囚われるのではなく、どんなお酒でも美味しく楽しく呑める「酒呑みの心」を育てたいというのが私の一番の気持ちです。
文 丸尾賢市
     
日本文化と酒 5~6種類以上をきき酒 おつまみ付き

sake office maruo
〒464-0844 愛知県名古屋市千種区丸山町3-56
sake office maruo
Copyright (C) 2017 sake office maruo All Rights Reserved.